種類について

ウィッグに用いられる素材は、いくつか種類があります。
ヘアブラッシングをする女性一つは、「人毛」です。
人の毛でつくられているウィッグは、何よりもナチュラルで触った感じが自然そのものといった良さがあります。
お好みでお好きな色に染めることもできますし、パーマをかけて楽しむこともできますので、女性の方は嬉しい素材とも言えるでしょう。
しかしながら、スタイルをキープすることができない為、毎日のセットに手間暇がかかるといったデメリットもあります。

人毛は価格が高めですが、耐久性に優れているため
ドライヤーによるブローやアイロンなどでのアレンジが自由自在です。
しかし、スタイルの保持ができないので、セットには時間がかかるでしょう。

また、「ミックス毛」は医療用にもよく用いられる素材なのですが、こちらはお手入れが比較的楽ですし、見た目的にも違和感がないのが大きなメリットと言えるでしょう。必要な時は、アイロンを使ってヘアスタイルを楽しむこともできます。
他にも「人工毛」がありますが、こちらはお洒落感覚で使用するのは問題ありませんが、医療用としては注意が必要となってきます。中には、つくりが荒いものもある為、髪の毛が抜けて肌がデリケートになっている方には刺激が強く感じられることもあります。価格は安いのでそこは嬉しいところなのですが、オススメはできません。このように、素材によってそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

フィット感も大事

洋服でもなんでもそうですが、自分の体に合ったものを身に付けてると安心できますし、リラックスして過ごすことができるものです。これは、ウィッグを着用する時にも同じことが言えます。
数多くのウィッグがありますが、それぞれつくりも異なりますし、もちろんフィット感にも違いがあります。これは、実際に着用してみなかれば分からないことなのですが、ゆるゆるの状態であれば、何かのはずみで思いがけないときに外れてしまう心配もあります
また、風が強く吹いたときに飛ばされてしまうこともあるかもしれません。それに、襟足や耳の周りなどに隙間がある状態であれば、見た目的にも良くありませんし、ナチュラルには見えません。ですから、ゆるいウィッグも避けた方が安心です。

また、キツいものを無理やり着用していれば、頭痛がしてきたり肩こりが現れることもありますので、やはりオススメすることはできません。ネットのつくりによってもフィット感に差が出ます。ですから、しっかり見て着用して判断しなければならないのです。

ウィッグは素材などによっても価格に違いがあるのですが、価格を見て安いものを選ぶのではなく、使い心地を吟味して選ぶことをオススメします。

通気性が良いこと

自分の髪の毛であっても、気温が高くなる季節であったり運動したときなどは、汗をたくさんかいて不快な気持ちになるものです。ときには、ニオイが気になることもありますし、かゆみが現れたりべたつきが気になってしまうこともあります。これは、ウィッグにも言えることです。
通気性が良くないウィッグを長時間着用していると、蒸れてしまいニオイやかゆみ、べたつきの原因となります。ですから、購入する時は、通気性が良い素材ものであり、蒸れない工夫がされているものを選ぶことが必要です。ウィッグを取り扱っているメーカーはたくさんありますが、中には防臭効果があるものや抗菌効果があるものなどもありますので、こういったものもオススメです。

また、中にはウィッグを着用したままの状態で、シャンプーすることができるものもあります。もちろん、シャンプー後はドライヤーを使って乾燥させることもできます。このように、医療用のウィッグにも、メーカーによって様々なこだわりがあります。どれが自分にとって良いかは、やはり一度試着する必要があります。そして、是非軽さも確認してみてください。メリットデメリットを確認して、良いと思うものを選びましょう。

ウィッグを購入

医療用のウィッグを購入する場合、必ず試着して見た目的なことだけでなく付け心地やフィット感を確認する必要があります。なぜなら、一般的に使用されているお洒落の為のウィッグとは異なり、長く着用することになるからです。それに、毛が抜け落ちたり生えてきた時、また生えた髪の毛が伸びてきた時など、状況によっても付け心地が変化するからです。
無理をしてサイズに合わないウィッグを着用していると、頭が痛くなったりストレスを感じることもありますし、違和感がある為にいつも不安定な状態になってしまいます。これは、もちろんサイズが大きすぎる時にも言えることです。ゆるい状態で着用していると、何かのはずみで脱げてしまう危険もありますし、見た目的にも不自然の為、どうしてもしっくりきません。

オススメしたいのは、髪の毛の状態によってサイズを自由に調節することができるものです。こういったものであれば、いつでもしっくりくるウィッグを付けることができますので安心ですし、何よりストレスがありません。また、髪の毛が抜けた状態の頭皮は、どうしても刺激を受けやすい状態にあります。ですから、しっかりとしたつくりのものを選ぶことも大切なこと。雑につくられているものを着用すると、頭皮を傷めてしまったり、頭皮がチクチクして不快です。当サイトでは、医療用のウィッグについて紹介します。選ぶ際には、慎重に選ぶようにしましょう。是非、参考にしてみてください。